最近のゲーム市場はコンシューマーゲームよりもスマートフォンアプリに市場が移っているようです。
課金してゲーム内の強力なアイテムやキャラクターをゲットできるガチャガチャにはまっている人が急増しているようですね。
このガチャガチャは、課金して手に入る玉を使って引くことができます。だいたい相場は1回引くのに100円くらいかかります。
100円だと気軽に始められるのですが、一度でも始めてしまうとなかなか引き返すのが難しいのがスマホアプリのギャンブルの中毒性の高いところだと思います。
スマホアプリの普及でギャンブルにはまってしまう若者が急増しているともいえると思います。
自分もはまっていたときは平気で5000円を課金してガチャを回していました。普通に買い物するときは5000円も出すことは躊躇するものですが、課金するときはリアルマネーではなくネットマネーとして仮想通貨となるので感覚が麻痺してしまうのが更に恐ろしいところです。
このギャンブル性とネットマネーの感覚の麻痺によって、月に数十万円も課金してしまったという声も多く耳にします。まだ学生の人たちは軽い気持ちで手を出さずに、親がしっかり教えてから使わせてあげると良いなと思いますね。
ギャンブルはほどほどにしたいですね。